空き家の管理が必要です!ちゃんと考えてますか??

こんにちは。


初心者ブロガーの入口です。

私の本業は不動産の営業マン。

という訳で、今回は不動産に関連するお話しをちょっと。


『 空き家管理サービスを利用しましょう 』

今年5月に施行された【空家等対策の推進に関する特別措置法】
特定空家等として行政の指導や勧告の対象となった空家の所有者には、固定資産税が3~6倍に!!

  【特定空家等】とは、
   ① 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
   ② 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
   ③ 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
   ④ その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空家等をいう。
  と定義されています。

遠方に空家を所有している方や、住居地に近いけどなかなか見に行く時間が取れないという方は、ご注意が必要になってきましたね。

そうそう倒壊を心配しなければならない状態にはならないでしょう。

しかし、衛生上有害と心配がされたり、景観を損なっていると指摘されたりという心配はありますよね。

「敷地内の草や樹木の枝を切ってください」と近所の方から連絡を受けたことのある空家の所有者さんも少なくないと思います。

【 近所に住む人はこう考えているかも? 】
  ●夏場になると、虫とかいっぱい出そう
  ●誰かが敷地内に潜んでいても分かりづらくて防犯の心配がある
  ●落ち葉や枯草にポイ捨てされたタバコの火が燃え移って火事になることもあるかも
  ●ゴミが投げ込まれたり、傍目に見て汚いと感じる
 などなど


実際に、お取り扱いさせていただいた不動産のご近所の方から、

  ◎建物を解体してほしい
  ◎草が伸びてこないように砂利を敷き詰めてほしい
  ◎近くに住む親戚などに管理を委託してほしい


と、具体的なご要望のお電話をいただいたこともあります。

程度によりますが、近所の方からご要望が出てくるようになると、「適切な管理」をしてるとは言えないですよね。


そこで、最近、不動産各社が取扱いを始めているのが「空き家管理サービス」というもの。

実は、目新しいサービスでもないそうです。

以前から有った事で、地場の不動産業者さんが所有者の方から頼まれて、たまに空家を見に行っていたもの。

それを定期的に巡回し、目視で点検し、必要に応じて所有者に対して清掃や補修などのアドバイスを行うという内容で契約を交わすものを「空き家管理サービス」として商品化されているものです。

投資用のアパートや貸家などは、管理会社などが行っているケースが多いようですね。

なお、費用は、月1回目視による点検とポスト内の郵便物の確認、簡単な清掃作業で、月額約10,000円前後。

投資家のお客様でない限り、空き家を2件以上持っている、または管理しているという方は少ないでしょうから、月々の経費として1万円で点検及び清掃を近くの不動産屋さんがやってくれるのであれば、安心して任せていいんじゃないでしょうか。



全国には840万戸(平成25年度現在)の空き家が存在していると言われています。

空き家をそのまま放置していると、ご近所に迷惑を掛ける心配があるだけでなく、余計な金銭的負担を背負込むことも心配しなければなりません。

空き家となってしまった住宅をお持ちの方、一度、近くの不動産屋さんに話しを聞いてみてください。

また、相模原市内、町田市内、厚木市内、座間市内、その周辺地域の方でしたら、私にお気軽にご相談下さい。


空き家のご売却をお考えの方には、無料査定・無料相談も承ります。


次回は、不動産の有効活用を個人的な見方で書いてみたいと思います。お楽しみに。


ではでは。












この記事へのコメント

人気記事

最近の記事